中四国ブロック大会

先月、広島県で言友会の中四国ブロック大会が開催されました。
当日は大雪で交通機関がマヒしていて中止になるのではないかと心配していたのですが、中国地方や四国地方の他に、九州や京都からも参加してくれた方々がおられ、そして北海道から全言連の南理事長がお越しくださいました。

初日は広島言友会の会員の方による講義があり、そこで認知行動療法について学びました。
その後夕食を摂り、入浴を済ませた後、フリートークの時間があり、吃音を持つ者同士、皆さんでお酒を飲みながら夜遅くまで語り合いました。

2日目は南理事長によるレクリエーションを行いました。グループごとに指定された用紙に絵を描き(一人ずつ)、その問題点を検証し、その後良い部分を探すといったものと、吃音についての悩みを指定された用紙に一人ずつ書いていき、それについて皆で検証し合うといった内容でした。
南理事長から例会について「近況報告には制限時間を設けた方が良い」とのアドバイスを受け、確かにその通りだなあと納得しました。今回のレクリエーションも含め、今後ドンドン活かしていこうと思いました。

僕はまだ言友会歴も短く、今回が初めての参加だったのですが、こんなに吃音を意識せずに話ができたのは初めての経験でした。本当に実りのある時間だったと思います。
吃音にお悩みの方は是非、言友会をご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>